読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よく聞く「任意売却」って債務整理のことなの?

みなさんのなかでも任意売却という言葉を聞いたことがある方はいるのではないでしょうか。

任意整理と間違えて使ってしまいそうな任意売却ですが、これも一種の債務整理といえるもので、住宅ローンの返済が厳しくなった人たちがよく利用しています。「じゃあアディ−レでも任意売却を扱っているの?」といった質問をよく聞きますが、残念ながらアディ−レでは任意売却を扱っていません。

任意売却は、アディ−レなどの弁護士事務所などではなく、一般の不動産会社が行なっているのです。なぜ、債務整理なのに不動産会社が関係するのかというと、任意売却とは、住宅ローンの返済が苦しくなった方が、自宅の売却を不動産会社に依頼するわけです。つまり、不動産を売買するので仲介者として、不動産会社が間に入るわけです。

不動産の売買には弁護士資格だけでは関われません。そこで、土地建物取引士の資格がある不動産業者が任意売却の手続きに関わっているのです。

任意売却と競売との違いは?

不動産を売却する任意売却は、よく競売とも比較されます。この2つの違いはどういうものになるのでしょう。

二つの違いは、まず売却の主体が、任意売却の場合は不動産業者であり、競売の場合は裁判所という点です。ここが大きく違ってきます。

任意売却は売却資金をローン残債や諸経費に充当しますので、競売価格といわれるように格安では売却できません。なので、売り方も普通の不動産売却と同じように、できるだけ市場流通価格に近い価格を設定し、任意売却物件とは謳わず売りに出します

競売は、設定価格より現金化することが目的です。そのため、通常の売買では出ないようないわゆる競売価格が設定されます。また、競売(オークション)に挙がった物件は、金額を高く設定してもまだ下がると判断されます。おのずと価格は低く設定せざるを得なくなるのです。

ただ、任意売却しようとしても売却計画どおりに上手く売り切れるとは限りません。また、任意売却とは通常の債務整理ではありませんから、住宅ローンのほかに大きな負債を抱えていると、任売後の生活債権に大きく影響します。ですから、不動産業者も、当該案件が任意売却する意味があるかどうかも慎重に判断しなければならないでしょう。