読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

任意整理で債務整理したあと住宅ローンは使えるか?

任意整理は、自己破産や個人再生とは違い、クレジットを利用できなくなる期間が5年と短いうえ、裁判所を通さなくても債務整理ができることで、いまも一定の人気がある(とくに返済能力がある方、都市部にお住いの上場企業に勤務されている方には、いまも利用者が多い)債務整理です。また、残債の返済期間を一括返済するなどして予定より早く返せる方もいらっしゃるようですが、そうした方のなかには、任意整理の5年の喪の期間のあと、住宅ローンを借りたいという希望者もたくさんいます。

任意整理後の住宅ローンの審査ですが、それは決して無理なことではありません。ただし、少なくとも5年間は大人しくしておいた方が良いでしょう。

残元本を完済しても2年は喪に服す期間を持ちましょう

アディ−レのような任意整理の実績が多いところではたまにあるのですが、5年を待たずともローン審査が通ることもあるようです。ただし、最低条件があって、残元本の完済がすでに済んでおり、ある程度の期間が経過していることです。たとえば3年で返済が済むところを2年で完済し、さらに2年寝かせていれば、5年より1年短く4年です。こういう方がみんな審査が通るほど、住宅ローンの審査は甘くないですが、なかには通る方もいます。おそらく属性が良かったのだと思います。ですから、任意整理後も住宅ローン審査は通るというのは事実なのです。

ただ、5年は待たなくてはいけません。大体、任意整理の返済期間は長くても3年というものが多いので、3年掛けて完済して2年は大人しくしていれば、債務整理の足枷は、一般的には外れるのではないでしょうか

ただ、属性も大事で、最低でも審査が通るまで、余計なクレジットは組まないことです。また勤務先がしっかりした安定企業のほうが、当然ですが通りやすいです。

ただし、住宅ローンが通らなくても卑下することはありません。長期に積み立てていれば、将来的には自分の城を築けるときがやって来るからです。なにもローンが通ってすぐ住めなくても、別に良いではないですか...