読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アディーレでもやっている任意整理の積立金制度とは

ピーク時よりは落ち着きましたが、アディーレを含めた弁護士・司法書士事務所の債務整理の方法で多いのはやはり任意整理です。ただ、任意整理は今とむかしでは違い、ピークのころはグレーゾーン金利の借金が多かったため、処理後の残債務や弁護士費用は過払い金の戻り分で多くはなくなっていました。

ところが、最近の任意整理では、過払い金がそれほど発生しないため、処理後の残債の返還や弁護士費用の負担が重くのしかかってきます。そのため、最近では、任意整理をしても返済計画どうりに返せない方が増えており、昨日の記事のように自己破産になる人も増えています。これを解消するために、任意整理では積立金を求めるところが増えています。

任意整理の積立金制度とは

任意整理を弁護士・司法書士に頼むと、受任通知が貸金業者に行き渡り、これまで苦労して返済資金をかき集めていた方も、一時的に(交渉が終了するまで)借金を返さなくても良い期間になります。この期間を使って積立金を貯めるのが任意整理の積立金制度です。

積立先は、任意整理を依頼した弁護士事務所や司法書士事務所の管理口座です。そして積み立てた資金は、弁護士報酬の支払に充当されます。これは、弁護士費用を集金するためにも有用なのですが、過払い金返還がほとんど見込めなくなったいま、借金返済から解放される時期から堅実に積み立てることは、良い習慣を作る上でも必要なこととも言えます。

積立金制度を求めていないところもありますが、申し出れば積み立ててくれるところもあるので、事務所に依頼する際に確認しておくと良いでしょう。

ただし、依頼者によっては、すでに借金の返済資金を新たに借りることで回していた方も多いはずで、そのような方は積立できない方もいます。つまり、こうした状況にある方は、別の債務整理を検討しなければなりません。その見きわめのためにも、任意整理の積立金制度は有効な手段になると思われます。