読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アディーレも実績がある債務整理「任意整理」とは?

アディーレ法律事務所は、大手弁護士法人ということもあり、任意整理の取り扱い実績が非常に高く、手続き処理についても安定しています。ただし、任意整理は金利の引き直し計算をもとに債務整理を進めるため、処理案件数は減少に一途を辿っています。

そんな任意整理ですが、債務整理の基本となる利息計算の知識を学べることから、債務整理のポイントを知る上で、恰好の勉強材料にもなります。知っている人も多いでしょうが、ここでもう一度任意整理についてさらっておきましょう。

任意整理は保証人に迷惑が及ばない債務整理

任意整理とは、債務整理の一種であり、取引当時の金利(代表的なものは出資法上の金利)に遡って、利息制限法での上限金利との差額を計算し直すことで債務整理をしていきます。

2000年代前半まで、クレジットカードを含む貸金業者の上限金利は、利息制限法といわれる民法上の金利(15%〜20%)を越え、これを超えると刑事罰が下る出資法での金利(29.2%)で貸付を行っていました。これを間違っているとし、貸金業法が改正される2010年6月を待たず、2000年代初頭から個人レベルで多くの債務整理が行なわれました。これが任意整理の始まりでもあり、アディーレも多くの事案を処理しています。

よく言われるグレーゾーン金利とは利息制限法と出資法との差のことで、これを金額化したものも、貸付期間が長くなるほど大きくなります。過払い金とはこの金額のことで、貸付期間が長いものでは残債も帳消しとなり、さらに差額も手元に戻ることがありました。そして、任意整理後も債務が残る場合は、元本のみ3年以内で返済できるようにします。これもアディーレが責任をもって、貸金業者と交渉してくれます。

なお任意整理もほかの債務整理と同様に信用情報機関に登録されて、5年程度、クレジットやローンは使えません。それでも、個人再生や自己破産とは違い、保証人のいる借金などは除いて債務整理できます。保証人に迷惑が及ばない債務整理を考える場合は、まず任意整理から検討すれば良いでしょう。