読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借金を完済したら貸金業者との解約も忘れずに!

消費者金融から借金をして、これを完済したとしましょう。この場合、元金と利息を全額返済し残高がなくなっても、解約をしなければ当然ながら契約は残ったままです。借金は完済してしまえば、返済義務はなくなりますが、万一の場合のことを考えて、契約は残しておいたほうが良いのでしょうか?

借金と手を切りたければ、きちんと解約するのがいちばん

借金はイヤだけど、生活が不安定のため消費者金融を解約できない方もいるのではないでしょうか。

たとえば、窓口でせっかく完済した借金だったのですが、「契約を残しておくと、何かあった時に準備できますから」と言われ、解約せず契約を残しているという方もいるでしょう。どっちが良いかはご本人次第だと思いますが、契約を残したままだと、多くの場合、また借金をはじめてしまいます。借金と手を切りたければ、きちんと解約するのがやはり良いと思います。

なお、アディーレの顧客にも、むかし某大手消費者金融から借りた借金を完済したらしいのですが(二十数年もむかし)、わずか数百円の預り金を残し、契約を残していた方がおり、2004年にまた50万円を借りたらしいのです。この場合、古い債務については、当然過払い請求はできませんし、2004年に借りた50万円も結局過払いは出ずに、債務が少し残るかたちになっています。つまり、その某大手消費者金融は、少額ではあるものの、預かり金があるのに、古い契約は切れているとの見解をしてきたわけです。

消費者金融の契約が残っていると、借りてはいなくても借金があるものと銀行は見なします。つまり消費者金融の契約を残していると、住宅ローンの審査はダメになってしまうし、今後まともなお金を借りる場合に、かならず足枷になります。借金が完済できたら、かならず解約もしておくことが大事なのです。