読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁護士選びはやはり無料相談を受けてみることが大切

債務整理の知識もないままに、債務整理をしてしまうと、もっと勉強してから弁護士を決めれば良かったと思うのはよく聞く話です。まったく知識もなく債務整理を進める人は、どういった点を気をつければ良いでしょうか。

弁護士選びに不安なら無料相談を複数受けてみる

まず注意することは、ある程度複数の弁護士事務所で話を聞いてみるということです。つまり無料相談を受けてみるということです。

時間に余裕がない人もいるでしょうが、債務整理の依頼先が決まると弁護士と受任契約をし、そこまでの時間はとてもスピーディーに進みます。ご存知かも知れませんが、弁護士と受任契約をすると、債権者の取り立てはきれいに止まります。

弁護士事務所選びにご不安な場合は、最低でも2つか3つの弁護士事務所に相談し、自分の債務がちゃんと整理対象になるかを聞いてみましょう。

相談だけなら無料と言うところは、いまの時代ならたくさんあります。アディーレも相談だけなら何度でも無料です。

整理対象となる借金かどうかと言うのは、いまではかなり少なくなっている借金ですが、違法金利に該当し、金利の引き直しができる借金かということです。つまりグレーゾーン金利時代の借金かと言うことです。

グレーゾーン金利時代の古い借金でなければ、債務整理できないわけではありませんが、グレーゾーン金利の頃の借金と比較すると、債務の減額効果は著しく落ちます。弁護士自身もいつごろ借りた借金なのかは、まずみたい項目でしょう。

そして、相談する弁護士事務所ですが、アディーレやアヴァンスといったテレビでおなじみのところと、地元の弁護士事務所もチェックしておくと良いと思います。アディーレやアヴァンスも良いのですが、広告をうっているところは費用も高い可能性があります。その点で地元の弁護士事務所は安い可能性があります

また費用の面で忘れてはいけないのが法テラスです。法テラスの弁護士は少数で運営している事務所もあり、見つけ出すのも大変になります。ですから本部に問い合わせの連絡を入れてみてください。あなたの近くの、法テラスに加盟する弁護士から連絡があるはずです。