読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どちらがいいの?アディーレとアヴァンスを徹底比較!

アディーレとアヴァンス

アディーレとアヴァンスはどちらも有名な弁護士事務所です。借金の返済に悩んで自分一人では解決が難しい場合には、弁護士や司法書士に借金整理を依頼することを考えるでしょう。

 

 

弁護士や司法書士への依頼となれば、どの事務所に依頼すればいいのか悩みますが、頼むなら大手で経験豊富なところがいいと思うでしょう。大手でしかも知名度があるとすればアディーレトアヴァンスの名前が浮かぶのではないでしょうか?

 

 

どちらも大手の事務所ですし、テレビCMなどを行っているので名前だけでも聞き覚えがあるという人は多いことでしょう。では、債務整理を依頼する場合どちらの事務所に依頼すればいいのでしょうか?ここではアディーレトアヴァンスを徹底比較していきます。

 

 

アディーレについて

アディーレは全国各地に事務所を構えています。事務所の数は全国ナンバー1の多さです。債務整理を得意としていて今までに多くの実績があります。

 

 

テレビCMでも債務整理を得意とするような印象を受けますが、刑事事件や離婚問題、損害賠償請求などいろいろな分野の案件に対しても対応可能ですし、これらに関しても多くの実績があります。

 

 

メディアにたびたび登場している弁護士も多数在籍しているので安心感も大きいのではないでしょうか。

 

 

アヴァンスについて

アヴァンスは司法書士が在籍している事務所です。大阪と東京に事務所がありますが、全国対応可能です。過払い金請求をはじめ様々な債務整理、さらには闇金にも対応してくれます。

 

 

実績も豊富なので、借金問題で困っている人に対しどの方法をとれば一番良いのか適切なアドバイスをくれますし、他社と比べても費用を抑えることが出来ると評判が高いです。

 

 

アディーレとアヴァンスの料金比較

アヴァンスで借金整理を行えば他と比べて安く済ませることが出来ると評判になっていますが、実際のところどのくらい安いのでしょうか?

 

 

例えば過払い金請求を見ると、アディーレは一社につき返還金の21.6~27%の料金が必要になってきますが、アヴァンスは、一社につき返還金の16~18%となっています。

 

 

これだけを見る馳尾アヴァンスを利用したほうがいいのではないかと思いますが、気を付けなくてはならないことがあります。アヴァンスは弁護士事務所ではなく司法書士事務所なのです。

 

 

そのために、アヴァンスが業務を行うことが出来るのは簡易裁判所が対象となる案件だけに限られます。つまり、140万円未満の債務整理であれば簡易裁判所の対象ですがそれ以上となると業務を行うことが出来ないのです。

 

 

自分の債務の額などを考慮してどちらを利用すればいいのかを考えた方がいいでしょう。

アディーレに借金整理を依頼した場合!弁護士費用はどのくらい?着手金は?

アディーレに借金整理を依頼

借金の返済が難しくなってきた場合、借金を整理することを考えるでしょう。自分ひとりではどうすることもできなくなった場合、返済を放置していても悪い方向に進むだけです。

 

 

早めに弁護士に依頼して整理をしたほうがいいでしょう。全国的に知名度もあり、事務所も各地に構えているアディーレは借金整理の案件も数多くこなしているので、信用が出来ますし、実績豊富な弁護士がいるので安心して任せられます。

 

 

アディーレの弁護士費用は?

では、アディーレに依頼した場合、弁護士に支払う費用はどの程度かかるのでしょうか?弁護士に支払う費用は着手金、成功報酬、手続き経費などがあります。まずは、弁護士には着手金が必要になります。着手金は弁護士に案件を依頼した時点で発生します。

 

 

成功報酬は案件がうまくまとまったときに支払われます。過払い金を例にとりますと、過払い金請求によっていくらかの金額が返還されたとするとその変換された金額の何%かが成功報酬として弁護士に支払います。

 

 

手続き経費は、自己破産などは裁判所を通すのでその場合にかかってくる手続き費用です。

 

 

借金整理における弁護士費用は以上になりますが、弁護士事務所によって着手金の金額や成功報酬の金額は異なってきます。契約をする前にきちんとどの程度の費用が掛かるかを把握しておくことが大切です。

 

 

その点アディーレはどの費用はいくらかかるかをはっきりと説明があります。債務整理をする場合、過払い金請求をする場合など、はっきりと料金体系を継起しているので、どの程度の金額がかかるかがわかります。

 

 

まれに後から追加料金が発生する場合もありますが、基本は後から請求が来ることもありません。弁護士事務所の中には後から追加料金をどんどん出してくるところもあります。アディーレでは料金トラブルのないように料金体系を明確にしているのです。

 

 

アディーレに相談をするときは

アディーレに相談をしたいときにはまずは電話で相談をしますが、この電話相談は無料です。どんな相談であっても無料で相談をすることが出来ます。

 

 

その後、実際に話を聞いてほしい、契約をしたいとなればアディーレの事務所に足を運ぶこととなりますので、日時を予約しておく必要があります。

 

 

弁護士に直接相談をする日がすぐに予約できればいいですが、1~2週間先になることもありますので、借金整理をしたいと思ったのであれば早めに相談をしましょう。

法テラスとアディーレの違いは何?

法テラスについて

法テラスとは、国が設立している公的なもので、借金問題をはじめ離婚、労働問題、DV問題など、様々な法律相談に乗るところです。

 

 

電話やメールでも相談をすることが出来ますし、相談料は無料となっています。お金がなくて法律問題を相談できないと悩んでいる人には強い味方となってくれるでしょう。

 

 

もちろん法テラスで相談をして法的に解決したほうがいいと判断された場合には、そこで弁護士を紹介してもらえます。紹介された弁護士が気に入らないという場合には、自分で探した弁護士に依頼しても構いません。

 

 

経済的な理由で弁護士への費用を支払うことが出来ないという人に対しては、費用を立て替えしてくれる制度もあります。もちろん立て替えてもらった費用はそのままではなく、返済していく必要があります。お金がないために法律相談もできないとあきらめている人にとって法テラスは救いの手を差し伸べてくれているのです。

 

 

アディーレは

アディーレは、借金問題の案件を多く解決してきています。利用者の満足度も高いので借金問題を抱えている人にはお勧めできる弁護士事務所です。全国各地に事務所も構えているので、全国各地からでも相談ができやすいようになっています。

 

 

法テラスと違うのはアディーレ自体が弁護士事務所ですから、相談をして納得できればアディーレと契約をして法的に借金問題を解決していくこととなります。経験豊富な弁護士がいるのでいろいろな謝金問題も最適な解決方法を提案してもらえます。

 

 

借金問題で悩んでいる人はもともと借金の返済が滞りがちになっている人が多く、弁護士費用も一括で支払うことが困難です。アディーレでは借金問題解決にかかる費用を一括で請求することはありません。

 

 

分割で支払っていくことが出来るので、急に高額な費用を請求されることもありません。月々いくらずつ返済すればいいかも契約前にきちんと説明をしてもらえます。まとまったお金がなくてもアディーレで借金問題を解決していくことが出来るのです。

 

 

法テラスのほうが国が行っているところなので安心感や信頼感が大きいと思うかもしれませんが、法テラスは弁護士事務所ではなく、法律に沿っての解決方法を提案してくれるところです。

 

 

弁護士を紹介してほしいとお願いすれば法テラスに所属している弁護士で、居住地近くの弁護士を紹介してくれます。借金問題を解決したいと思うのであれば、やはり経験豊富で利用者の満足度も高いアディーレが安心して利用できるのではないでしょうか?

闇金に借金をして悩んでいる人へ!アディーレで闇金問題を解決!費用は?

闇金を利用してしまった人

大手の消費者金融でお金を借りる人は増えています。以前に比べて借りやすくなったこと、テレビCMを行っていることで消費者金融に対してイメージがよくなったことで気軽にお金を借りる人が増えています。

 

 

安定した収入があれば学生であっても、主婦であってもお金を借りることができるので、お財布の中身が苦しい時につい手を出してしまう人が多くいるようです。

 

 

しかし、そのついが何度も重なれば借り入れ金は大きく膨らんでしまい、結局多重債務となってしまう人も出てきています。

 

 

返済に回すために、別に金融会社から借り入れをして返済をしているなど自転車操業となっている人もいます。最終的にどの記入会社からもお金を借り入れすることが出来なくなり、ついには闇金を利用してしまう人もいます。

 

 

闇金を利用すれば少しのお金を借り入れしただけでも金利が高いのでどんどん借入金が膨らんでいきます。

 

 

どんなに返済をしても一向に元金は減りませんし、どれどころか高い金利分までも返済が追い付かなくなってしまうでしょう。こうなれば自分ひとりの力ではどうすることもできませんから弁護士に頼ることとなるでしょう。

 

 

アディーレに闇金問題を相談

いろいろな借金問題に明るいアディーレは闇金問題も解決することが可能です。アディーレは普通の借金問題も億解決してきていますが、闇金問題も多く解決してきています。

 

 

さらに闇金だけを取り扱う専属のチームもありますので、安心してください。闇金に対して自分ひとりで立ち向かおうとしてもそれは到底無理な話です。

 

 

相手に法が一枚も二枚も上手ですから、闇金問題を解決したいのであれば、その道のプロに頼むべきなのです。

 

 

闇金問題を解決する際にかかる費用

一番気になるのは、闇金問題を解決してもらうのに費用がいくらかかるのかということではないでしょうか?

 

 

闇金一社につき費用がいくらかかるかという費用体系になっているので、お願いする闇金の数によっても費用は変わってきます。ただ、闇金の会社によって費用は変わることはなく一律ですから、計算はしやすいでしょう。

 

 

闇金は普通の金融会社とは違って、一筋縄ではいきません。かなり精神的もダメージを受けていることでしょう。

 

 

闇金を利用したら最後なかなか完済をすることはできません。早めにアディーレに相談をして解決の道を探りましょう。まずは電話をしてみませんか?

借金問題で悩んでいる人へ!アディーレは信用できる?対応は親切なの?

借金問題で悩んだら

借金問題で悩み、自分の力だけでは返済が難しいと感じた場合には、債務整理を考え法律の専門家である弁護士に相談に行くでしょう。その時にどのような弁護士に相談するかが今後のカギとなってきます。

 

アディーレは?

アディーレというとテレビCMでも頻繁に見かけるでしょう。一般の人にも名前が広く知れ渡っている弁護士事務所です。借金問題を多く手掛けている印象を持っている人もいるのではないでしょうか?

 

 

実際に借金問題の解決を多く手掛けているようです。HPを見ても借金問題で悩んでいる人はお電話くださいとあります。電話相談は無料で行っていますし、土日も休まず営業しているので利用しやすいでしょう。

 

 

借金返済を長年行っている場合には借金を払いすぎている場合もあるのですが、損も様な人に対して過払い金請求も行っています。過払い金請求をすることで、今までの返済額が大幅に減額した人いますし、また借金がゼロになった人までいます。

 

 

アディーレの対応のいい点!

アディーレの対応においてよい点は、どのような借金問題の解決において手数料が一律となっているところです。自己破産、任意整理、過払い金請求など、どれも一律となっているので、必要になってくる手数料も明確ですから、安心して依頼することができるでしょう。

 

 

さらに、対応も悪くありません。まずは電話連絡をして相談の日時を決めるのですが、電話で対応してくれるスタッフの人の電話対応は大変親切です。借金整理を依頼しなければならないかもしれないという後ろめたい気持ちがある人もいるでしょうが、丁寧な対応に後ろめたさも軽減できるでしょう。

 

 

実際に弁護士に相談をした時にもアディーレの弁護士は抱えている借金問題に対してどのような対策をとればいいのかを丁寧に説明してくれます。

 

 

多くの借金問題を解決してきた弁護士事務所であるので、費用問題に関しても親切丁寧に説明をしてくれます。

 

 

借金問題を解決できたはいいが、多くの手数料を取られては依頼者側とすれば、本当に大丈夫だろうか?と心配になりますが、アディーレではどれだけ費用が掛かるかをきちんと説明してくれますし、無駄に高い費用を請求してくることはありません。非常に信用がおけます。

 

 

やはり借金問題を解決するのであれば実績が豊富なところにお願いしたいものです。その点、アディーレは今まで多くの案件を解決してきていますし、利用者の満足度も高いので信頼できるのではないでしょうか。

個人再生で債務整理する中でよくぶつかる疑問点について(2)

先回に続いて、個人再生で債務整理する場合の疑問点について見ていこうと思います。

今回は保証人の問題、個人再生を計画どおり返済できなくなった場合について見ていきます。

個人再生すると保証人がいる債務は一括弁済を請求される?

個人再生は任意整理のように債務整理する事案を任意で選べません。そのため自己破産のときと同じで、保証人がいる場合は、債権者から一括弁済を求められます。このため自己破産同様、保証人がいる場合は、保証人に債務整理した事実を伝えなければいけません。

ただ、一括弁済を請求されても、分割返済を承認されることがあります。分割返済で返せるなら、それに従うことです。ただし、分割返済が認められない場合は、保証人ご自身も自己破産しなければなりませんので注意してください。

個人再生の返済期間に計画通り返済ができなくなったらどうなる?

近年では不景気の煽りを受けて、3年から5年という短期間でも、計画通り返せなくなる方も増えています。
この場合、債権者側は、再生計画取消しの申立てを実行できます。再生計画取消しが裁判所で認められると、再生計画認可決定による減額や分割払いも取消しとなり、債務者は言わば元の状態に引き戻ることになってしまいます。そのため、個人再生では再生計画が取り消される前に、再生計画の変更を申し立てられます。

ただし、再生計画の変更の申し立ては、再生計画が取り消される前でなければ認められないので、気をつけなければなりません。また再生計画の変更は2年を超えない範囲で延長してもらえますが、それなりの事情が必要で、いかなる場合も延長できるわけではありません。この点も注意が必要です。


また、再生計画の変更の申し立て以外の方法として、ハードシップ免責ということも残っています。このハードシップ免責とは、弁済計画の4分の3以上をすでに支払い終わっている場合に、支払いを免責されるものです。ハードシップ免責も再生計画が取り消される前に申し立てる必要があります。

なお、ハードシップ免責が行われると、個人再生の住宅を守りながらの債務整理の利点がなくなり、家を失うリスクが生じてしまいます。どうしても家を無くしたくなければ、ハードシップ免責は選ばないことが大事です。

 

個人再生で債務整理する中でよくぶつかる疑問点について(1)

このブログでも個人再生について、基礎的情報はほぼ網羅してきましたので、ここでは債務整理を個人再生で進める中、よくぶつかる疑問点についてみていきたいと思います。

個人再生は車を手放さなければならないか

個人再生は住宅を守りながら債務整理できる方法ですが、車も所有したまま個人再生できるかは、車好きの方から相談されることが多い質問です。

結論から言いますと、ローンを払い終えていない車の所有者は信販会社などの債権者にありますので、この場合は債権者に引き上げられてしまいます。ただ、ローンが終了している場合は、車は手放さずに乗ることができます。しかし車の清算価値が大きくなると、再生計画案の返済額が高くなる場合があることは理解しておかなければなりません。

個人再生は保険も解約しなければならないか?

保険もよく聞かれる質問です。保険は掛け捨てと解約返戻金がでる場合と大きく二つに分かれ、解約返戻金がある保険は解約しなければならないと聞くと思います。ただこれは、自己破産の場合であって、個人再生ではかならず解約しなければならないわけではありません。

ただし、この場合も清算価値が大きくなると、再生計画案返済額が増えることがありますので注意が必要です。

清算価値とは先週の記事でもお伝えしていますが、債務者が破産していたら得れたかもしれない額のことです。つまり、車や保険の解約返戻金というのは、当然ですが自己破産していたら債権者が配当を受けるべき金額です。

個人再生では、清算価値を保障する原則があるため、債務者の清算価値が大きくなれば、再生計画案の返済金額もあがるということです。